セフレが欲しいならセフレ掲示板で探そう!

トップページ > セフレで良かったんだけど結婚しちゃった

セフレで良かったんだけど結婚しちゃった




特別な彼女が欲しいというよりは、セフレが居たらイイな的な発想で、出会い系サイトに登録したのが、今から10年くらい前。その時は、30歳手前で「独身貴族」的に自分の好きなように生きてた感じで、誰にも束縛されず、収入は全て自分のもの、仕事以外の時間は、自分が好きに使える時間だと思っていました。けれど、気軽につきあえるセフレが居たら、もっとイイなと思って、出会い系サイトに登録して利用してみることにしました。
あまり、詳しい使い方も理解していませんでしたが、掲示板でつきあってもらえそうな彼女を募集してみることにしました。誰でも見れる掲示板に、「一緒に旅行してくれる彼女募集!」って載せたんだんです。一応、休みの日にドライブや旅行に行くのが趣味でしたし、旅先でHなことも含めて楽しめれば、一石二鳥かな?なんて思ってのことだったのですが、意外に沢山反応がありました。反応してくれた女性とは、一応全てメアドなど交換して、連絡しあってました。中には、ショップを経営している女性も居たりして、「イイ思いが出来るかも?」なんて思いましたが、彼女のパソコンがウイルスに感染していて、私も大変な目にあった覚えもあります。
そんな紆余曲折がありながらも、1人の彼女とメールを通じて連絡を取り合い、一緒に旅行に行けることになりました。元々OLだったけど、辞めて今は家事手伝い?(只のプー太郎ですが…)です。元カレとごたごたあって、今は彼氏居ないとか。
何だかんだとメールだけの付き合いを1ヶ月程している中で、互いの写真も交換しました。その中には、セミヌード的な写真もあったりして、「これはヤレルね」と確信しました。
旅行先は日光、丁度紅葉が綺麗なシーズンでした。勿論ハイシーズンで、ホテルのお値段も高かったです。けど、セフレ獲得の為なら良いかなと思って奮発しちゃいました。
実際に会ってみたら、彼女はソフトMでした。普通な男性なら、ちょっと退いちゃうかもしれません。責める度に「気持ちイイです、先生…」なんて言うんです。正直「マジか?」って思いましたけど、セフレとしてが楽しめるかなと。私が受け身の時の、テクも最高でしたし。ビジュアル的にもイイ感じだし、これはつきあうしかないと決めました。
まずは目的達成と、その夜は何度もHしちゃいましたけど、「これからもつきあってくれる?」と聞くとOKの返事。その後は、何となくセフレというより、普通の彼氏・彼女の仲になっていってしまいました。その半年後には、結婚することにまで発展してしまいました。ホント、こんなことってあるんですね。


隣の変態さん【完全無料】



出会い系のサイトを使って退屈な日を有効に楽しむ



結婚しているので本来ならば堂々とは恋愛出来ませんが、主婦だってたまには恋愛がしたいです。
それがひと時の快楽でも、世間からは不倫とかセフレだと言われても、たまには生き抜きとして恋愛ごっとがしたいのです。

私は以前はセフレがいましたが、ここ何年も間、特定のセフレはいませんでした。
特定のセフレを作ると自分自身が陥りやすくはまってしまうので、しばらくは避けていた部分もありました。

しかし、最近は出会い系のサイト内にある掲示板を使って男性とちょくちょく会うようになりました。
自分ルールとしては出会い系で出会った男性とは一度きりの関係と割り切っていました。

それこそ暇を持て余している日の午後から数時間出会い系の掲示板を有効に使って楽しみたいと思う様になっていました。
何度も同じ人に会うとばれる可能性があるので、一度きりだけ会うとルールで割り切って楽しむことがしばらく続きました。

しかし、ある時にそれを揺るがすような出会いがありました。
いつもの様に出会い系の掲示板で割り切って付き合える精神的に大人の男性を求める書き込みました。
その時もすぐに返信がありまして、すぐに返信をしました。
いつもならば、メッセージのやりとりが行われて、相手どんな男性か探りを入れて、雰囲気やタイミングが合えば、その当日にデートをしたり、数日に改めてのデートという形になっていました。

しかしその時に出会った男性は何だかいつもとメッセージやりとりも違い、どこか懐かしい感じがする感じのメッセージのやりとりでした。
何だかいつもにない感じで私は彼に凄く興味を惹かれたので、メルアドの交換をしました。

すぐに自分の携帯にメールが入り、何通かやりとりをした後にラインのIDを交換しました。
その日は簡単な挨拶ラインで終わりましたが、翌日は何となく彼からのラインを待つ感じなり、仕事の休憩中も携帯をチェックしました。

しかし彼からはラインがなく、夕方私の方からラインをしました。
その日の晩に画像を交換して、やっぱりな〜と思うほど、私のタイプの顔でした。
向こうも同じ事を言ってくれましたが、合わせていたのかもしれません。

それから2週間後に初デートをしましたが、本当に独身時代の時以来のドキドキでした。
いっぺんに私は彼に夢中になりました。

私の出会い系で遊ぶルールの中に二度は同じ人と会いませんが、彼とは4度会っています。
向こうは私をセフレと思っているかもしれませんが、私の中では恋愛感情があります。
こんな気持ちは久々です。

39歳。食品メーカーのパート


変態たちの集いの場【完全無料】



嫁さん公認 20代既婚のセフレとの大人な関係



同い年の妻と二人暮らししてます。子どもが2人いますが、長男は結婚しましたし、大学生の次男も東京で一人暮らしを始めたので、夫婦だけの生活に戻ったわけですね。
となれば、夫婦水入らず、「2度目の新婚生活」になってもよさそうなものですが、私たちは完全セックスレスになって、ちょうど1年になります。理由は簡単、嫁さんが私との肉体交渉を完全に拒否するようになったからです。
人一倍精力旺盛な私が、ガマンできるはずがありません。嫁さんは、「外でほかの女性と遊ぶのはOK。ただし家庭を壊さない範囲で」と言ってくれました。
男にとって、こんなありがたい「お言葉」はありませんよね。それで、さっそくセフレを作ることにしました。利用したのは出会い系サイトです。
前々から出会い系には興味があったんですけど、年齢的に腰が引けていました。出会い系は若い人のためのものだという先入観があったんです。
しかし、嫁さんから「肉体関係限定の浮気」を公認されて、試しに使ってみることにしたんです。出会い系で最初から割り切った大人の関係を持てれば、それがベストですからね。
で、ある最大手サイトの掲示板をチェックしてみることから始めてみました。そして、すぐに、自分で掲示板に書き込みするようになったんです。
そうしたら、案外早くに反応があったんですよ。アプローチしてくれた女性の中には、何と20代の人もいました。
その女性は、結婚2年で、早くも倦怠期。旦那とのセックス回数が激減したので、サイトでセフレを探しているのだそうです。
こんなおいしい話はありません。私は積極的に彼女とコンタクトを取り、直接会うところまで、3日で話をすすめました。
嫁さんから「あくまでの体の関係のみ」と制限されている私にとって、20代の人妻はベストの相手と言っていいでしょう。
彼女も私も大阪府民。けど、既婚なので、人に見られるわけにはいきません。そこで、わざわざ京都で会うことにしました。
京都駅近くで待ち合わせして、タクシーでちょっと郊外に出て、ラブホで関係しました。
その彼女は、私好みの肉感的なタイプ。はっきり言って、おデブっこです。私、おデブで、おっぱいとお尻の大きな女性が大好物なんですよね。
顔もかわいいし、太もものド太さもチャーミング、「すまた」も楽しめてしまいますし、私にとって申し分のない大人の恋人と言っていいでしょう。
それに彼女、かなり濡れる体質なんですよね。そこもエロくて素敵ですし、びしょびしょマ○コは物理的にも気持ちいいいものです。
ちなみに、嫁さんにはそんな若いセフレと付き合ってることは内緒にしています。いくら「公認」でも、自分の子どもぐらいの年齢の彼女が私にできたと知れば、嫁さんは嫉妬で怒り狂うに違いありませんからね。
その辺はうまくやって、賢く楽しいセフレ遊びを続けていきますよ。

「51歳|会社経営」


メールほしいの【完全無料】